他県よりも青森食の魅力は満載です

青森県と聞くと、イメージはどんな感じでしょう。

りんごの産地?寒い場所?青函トンネル?北国のイメージではあるでしょう。

青森県は日本の本州最北端に位置する県で、その面積は日本国内で8位と大きな面積を誇る県です。

近年地方のアンテナショップなどが都心にもオープンしていることもあり、特産物等が有名になりました。

青函トンネルの開通によって、北海道への玄関口としても栄えている地域でもあります。

県の面積が広く全国有数の農業産出県となっています。

中でも有名どころといえばやはりりんごとにんにくなのではないでしょうか?

青森県で有名なのは農産物だけではありません、県の西側には太平洋、東側には日本海と漁業の面に関してもその漁獲量は全国でも指折りの産出量となっています。

八戸港に水揚げされるサバやイカはとても有名で国内1の水揚げ高を誇っているのです。

そんなことからも分かるように、青森にはおいしいものがたくさん取れるし、独特の風習も残っていて話題に上がることも多々あります。

それを言えば、北海道に負けない食の魅力は満載ですよね。

確かに北海道まで陸路で渡れる便利な県ですが、北海道へ行くための道すがらに寄るだけではなく、青森メインで訪れるのもいいかもしれません。

サイトからのご挨拶

21歳の大学生です。 従来の就活のやり方に疑問を感じ、20歳のときに仲間と起業。 まだ胸を張れるほどの成果は上げていませんが、地道に謙虚に頑張っていきたいです。 地元の東北に錦を飾れればと思います。